山形・天童・東根・寒河江の売買物件・賃貸物件探しは、やまがた住まい情報WEB

  • 山形県の不動産会社を探す!
  • 山形市内の学区を調べる!
  • 不動産用語を知る!

一覧を見る

不動産用語集

あっ、部屋さがそ…。とその前に、これだけは知っておきたい。不動産用語まる分かり辞典。
お部屋探しに付きものの不動産用語。普段聞き慣れない言葉がたくさん・・・。まずは、しっかり予習!

敷金 〈しききん〉
賃貸借契約時に、借主が家賃を滞納したり、部屋の造作を壊すなどした場合の損害賠償の支払いを担保するために、貸主に対して預けるお金のこと。保証金と同じ性格だが、敷金としての相場は家賃の1~3か月分。契約が終了した時、滞納や修理が必要な損害を与えないかぎり無利息で全額返還されるのが原則。
礼金 〈れいきん〉
賃貸住宅に入居する際に、家主に支払う一時金のひとつ。元々は、借主が貸主に対して賃貸契約を結んでくれたお礼として支払ったもので、敷金や保証金のように契約期間が終了しても返還されることはない。家賃の1~2か月分の礼金を取ることが多いが、近年では礼金なしの賃貸物件も増えてきている。
共益費 〈きょうえきひ〉
管理費という場合も。共用部分(廊下など)の電気代や共用部分の清掃料等の費用。
仲介手数料 〈ちゅうかいてすうりょう〉
媒介などによって不動産の取引をしたときに、媒介業者に支払う報酬のこと。媒介報酬ともいう。宅建業法では成功報酬主義が取られているので、売却や物件探しの依頼をしても取引が成立しなければ支払う必要はない。仲介手数料の金額の上限は借賃の1ヶ月以下、居住用賃貸の場合は片方から半月分以下が一般的。
火災保険料 〈かさいほけんりょう〉
掛け捨て型の損害保険、部屋の契約期間と同じ期間で保険を掛ける。ほとんどの場合、借主は強制加入。保険内容は、入居者の保険・借家人賠償責任保険(貸主に対する損害賠償)・個人賠償保険(他人に対する賠償責任)が1つのパッケージになっている。
更新料 〈こうしんりょう〉
礼金と並び関東などで見られる慣習の一つ。賃貸契約を更新する際、貸主に支払う一時金。家賃の1ヶ月分が一般的。更新手数料は更新料とは別に、契約書の作成を代行する不動産会社などに支払う費用。数万円~家賃の半月分が一般的。
引渡し 〈ひきわたし〉
不動産は通常の商品のように物を動かすことができないので鍵、必要書類を渡すことをもって引渡とする。売買の場合、契約の時に支払った手付金を除いた残金の支払いと引き換えに、不動産が売主から買主の手に移ること。法的には「占有」できる状態になることを引渡しという。
取引形態 〈とりひきけいたい〉
宅建業者が取引(売買・交換・貸借)を行う場合の立場を示すもの。広告などに明示しなければならない。その宅建業者が ①直接契約を成立させる場合…売主、貸主 ②代理人として契約を成立させる場合…代理 ③媒介人(仲介人)として契約を成立させる場合…専属、専任、媒介、仲介などがある。
建蔽率 〈けんぺいりつ〉
住宅の規模(広さ)に対する規制を示す数値のひとつで、敷地面積に対する「建築面積」の割合のこと。用途地域と都市計画の指定によって上限が定められている。建ぺい率制度の目的は、敷地内に適度の空地を確保することによって、日照・通風の確保及び延焼の防止を図ること。
容積率 〈ようせきりつ〉
住宅の規模(広さ)に対する規制を示す数値のひとつで、敷地面積に対する延床面積の割合のこと。用途地域と都市計画の指定によって上限が定められている。容積率制度の目的は、建物の容積率を各地域の実情に応じた一定の割合にすることによって、道路等の公共施設の能力に即応して公共施設の機能の維持増進を図るため。
 〈つぼ〉
土地や建物の面積の単位。1坪は約3.30579平方メートル。ちなみに坪単価とは、土地やマンションの相場を比較する時に、販売価格を土地面積または専有面積で割ったものを、3.3平方メートル=1坪当たりで表した数値。
専有部分 〈せんゆうぶぶん〉
マンション1棟の建物全体のうち、何階の何号室という形で区切られた室内空間のこと。区分所有権はこの専有部分を対象とした所有権のことを指す。壁紙や天井、床などの内装材、電気・電話の配線、給排水管のうち共用縦管までの横引き管などは専有部分に含まれる。
徒歩時間 〈とほじかん〉
徒歩時間は、ほぼ80m=1分で計算される。「徒歩○分」とあれば、それはほぼ80mの距離を1分で歩くペースで、ということ。もちろん、信号待ちの時間や坂道などは考慮に入っていない。
市街化区域 〈しがいかくいき〉
都市計画法に基づく都市計画区域内のうち、すでに市街地を形成している区域(既成市街地)と、線引きが行われた時点で以後10年以内に優先的に市街化を図るべきとされた地域を「市街化区域」という。
メゾネット 〈めぞねっと〉
メゾネットは、1階層の住戸であるフラットに対し、2階分のスペースを一部屋として使うものを(maisonette=複層住戸)形式という。2階建ての一戸建てのように室内に階段があり、パブリック空間とプライベート空間を明確に分けることができる。一戸建てにより近い間取りも可能。
LDK 〈えるでぃーけー〉
LDKは和製簡略記号で、Lはリビング(居間)・Dはダイニング(食堂)・Kはキッチン(台所)の略。居間・食堂・台所を一体化した室(空間)を指す。ちなみにSはサービスルーム、Nは納戸のこと。大抵はこの表記で表示されているので一般的になってきている。
新築 〈しんちく〉
新築とは、造作工事が完了してから1年未満で未使用のものに限られる。したがって、1年未満であっても1度使用(入居)したものは中古物件となる。
Sサービスルーム 〈さーびするーむ〉
建築基準法上居室とは認められない納戸。間取りの表し方に「2LDK+S」といった表現が使われていることがある。この「S」がサービスルーム。実際には独立した部屋として十分に使えても、採光がとりにくい。
納戸 〈なんど〉
住宅の中にある物置用の部屋のこと。人が中に入って作業ができる程度の空間を持つ。
給湯 〈きゅうとう〉
給湯器で集中的にお湯をつくり、各蛇口へお湯を送るシステム。大半はガス使用だが、省エネ的な深夜電力給湯もある。図面では、ただ給湯ありとなっているので内見の時にどこにあるか、ガスか、電気かなどをチェックしましょう。
追い炊き機能 〈おいだききのう〉
お風呂のお湯が冷めてきたら沸かし直せる機能。家族数が多く、入浴時間帯がバラバラの場合には大変便利な設備。また、水を変えなくてもよいので経済的。
浴室乾燥機 〈よくしつかんそうき〉
浴室用の換気扇に、乾燥や暖房などの機能を加えたもの。雨の日や夜でも洗濯物が乾かせるので便利(特に女性は安心して干せる)。温風を吹き出して、浴室内やそこに干した衣類の乾燥、予備暖房などを行う仕組み。
シャンプードレッサー 〈しゃんぷーどれっさー〉
シャワー機能のついた洗面化粧台。新築物件などには結構ついていたりする。朝シャンするには便利かも。ただ、髪の毛が結構配水管に詰まるので注意が必要。
オートロック 〈おーとろっく〉
ドアを閉めると自動的にロックする錠。《和製英語》 マンションのエントランス(共用玄関)に付いているセキュリティ・システムの一種。外部より開けるときは従来の鍵または暗証番号式、テンキー式、カード式などのタイプがある。
カードロック 〈かーどろっく〉
板状のプラスチック製カードを鍵として用いた施錠方法。「カードキー」という呼び方も一般的だが本来鍵のほうを「カードキー」という。カードの記録方式と読み取り方式などによっていくつかの種類がある。記録方式は磁器カード式やICカード式が最近の主流。
クローゼット 〈くろーぜっと〉
収納庫全般を指すが、日本では特に衣類をしまう収納を指す。要は作り付けの洋ダンス。ハンガーを掛けられるようにパイプがついていて、奥行きは50cm以上。自分のライフスタイルにあっているか、使い勝手がいいかがポイント。
ウォークインクローゼット 〈うぉーくいんくろーぜっと〉
読んで字のごとく、歩いて中に人が入って物品の出し入れができる収納庫。分譲マンションや一戸建てに多くみられる。大きさは最低でも1坪半は必要。主に衣類などの収納用スペースで衣類をかなり収納できる。納戸の一種。
ユニット家具 〈ゆにっとかぐ〉
予め部屋に備え付けられた家具の事。マンスリーマンション等短期滞在型、単身者用マンションに多く見られる。
宅配BOX 〈たくはいぼっくす〉
不在時に宅配物を入れておいてくれるBOXの事。マンション等のエントランス(集合玄関)や集合郵便受けの近くに設置されていることが多い。家を空けることが多い人にはとても便利。
専用庭 〈せんようにわ〉
区分所有のマンションや賃貸物件で、1F居住者が専用で使用できる庭のこと。区分所有の場合、庭部分も通路やバルコニーと同じく共有部分ではあるが、毎月使用料を払うことによって専用使用できる。
エクステリア 〈えくすてりあ〉
屋外や外観など建築物の外部のこと。外構や屋外工作物を含む。狭い意味ではバルコニーやカーポートなどの金物工事のことを言っていることもある。
ロフト 〈ろふと〉
根裏のこと(loft)。元々は、納屋や馬小屋で干し草などを蓄える二階に相当するスペースを意味する。また、教会や講堂の中二階や桟敷、倉庫や工場の最上階のスペースなどを指す。最近ではワンルーム・アパートの天井の低い中二階もロフトという。
SRC造 〈えすあーるしーぞう〉
RC造とは鉄筋コンクリート造、S造とは鉄骨造の略。SRC造とは鉄骨鉄筋コンクリート造を意味し、鉄骨の周りに配筋しコンクリートを打ち込んだ混構造で、中高層のビルなどに採用されることが多い。
S造(鉄骨造) 〈えすぞう〉
主要構造躯体である柱、梁が鉄骨(steel)で建築されたもの。通常は鉄骨の周りに耐火被覆を施す。鉄筋コンクリートに比べて軽いので、大型の工場や高層ビルに適している。小規模なビルや賃貸住宅でもS造で建てられているケースがある。
2×4工法 〈つーばいふぉーこうほう〉
木造の分類。木材で構成された枠組みに構造用の合板等を打ち付けた壁や床で建築する工法。断面が2インチ×4インチの枠を使用するので2×4工法と呼ぶ。
バリアフリー住宅 〈ばりあふりーじゅうたく〉
高齢者や身障者などの人々の移動や行動を阻む物的障害(バリア)を取り除いた住宅。例として、住宅内外の出入口や廊下などの幅を広げ、床などの段差を解消したり、風呂やトイレなどに手摺りを設置するなど。建物内に限らず、街づくりや交通機関でもバリアフリー化が進んでいる。
テナント 〈てなんと〉
英語で借家人、借地人などの賃借人のこと。日本では一般的に店舗・事務所など、一区画の賃借人のことをいう。
奥行 〈おくゆき〉
「奥行き」は家屋・土地・部屋などの、前面道路の境界から反対の面(表から奥)までの距離をいい、浅い・深いと表現される。
間口 〈まぐち〉
敷地や建物を主要な方向から見た時の幅のこと。長さをあらわす奥行に対して、左右の距離をさすのが間口。敷地や一戸建ての場合は、道路が面している面をさし、マンションの場合は一番広い窓が付いたバルコニーがある側をさすことが多い。一般的に敷地や住宅は、間口が広いほうが使いやすいといわれ、価格などの評価も高くなる傾向にある。